2010年04月02日

検事が事件被害女性と“不適切”交際 東京地検立川支部(産経新聞)

 東京地検は31日、刑事事件の被害者女性と不適切な交際をしたとして、同地検立川支部の男性検事(35)を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。検事は同日付で依願退職した。

 地検によると、検事は自分が公判を担当する刑事事件の被害者女性と、職務上必要がないのに、一緒に飲食をするなどの不適切な交際をした。検事は「女性に対して申し訳ないと思う」と話しているという。検事は平成14年10月に任官。昨年4月から立川支部に赴任していた。

 大鶴基成次席検事は「検察官の職務の公正に疑念を与えかねない行為に及んだもので、誠に遺憾」としている。

【関連記事】
足利事件 冤罪なくす教訓にしたい
盗撮で罰金50万円の名古屋高検検事が辞職
名古屋高検検事を盗撮容疑で書類送検 愛知県警
リクルート事件 改めて語る2人のキーマン
小沢氏特需で引っ張りだこ、特捜OB素顔&本音は?

救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検(読売新聞)
亀井・菅両氏、「言った」「言わない」水掛け論(読売新聞)
<内閣情報官>三谷秀史氏が退任 後任に植松信一氏(毎日新聞)
<ニュース1週間>足利事件、菅家さん無罪確定/パラリンピック閉幕 日本メダル11個(毎日新聞)
遣唐使船 中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)
posted by フカミ タケシ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。