2010年02月01日

タンチョウ 川霧の中で目覚め 北海道鶴居村(毎日新聞)

 国の特別天然記念物タンチョウがねぐらにする北海道鶴居村の雪裡川(せつりがわ)。霧氷で白く覆われた木々が朝日を浴びて輝くころ、眠っていたタンチョウが動き始める。湯気のように立ち上る川霧の中に、羽を広げたシルエットが浮かび上がった。

 氷点下20度になることも珍しくないが、ねぐらに近い音羽橋には夜明け前から数十人のカメラマンが並び、タンチョウの目覚めを待つ。タンチョウは午前9時ごろに飛び立ち、夕方まで近くの給餌場などで過ごす。【小出洋平】

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
不正取引:絶滅危惧の魚 3容疑者を逮捕 愛知県警
天然記念物:ツシマヤマネコを保護 長崎・対馬
クマゲラ:砂防事業の作業開始以降姿消す 北海道上川町
上野動物園:逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で

新規技術2件を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)
財政難でも「全国2位」 平松市長ら 給料据え置き(産経新聞)
首相、閣僚に自制要求=官房長官は陳謝−亀井発言(時事通信)
<自殺者>12年連続で3万人超す 09年(毎日新聞)
<氷柱>荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)
posted by フカミ タケシ at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。