2010年05月21日

大久保元秘書、午後に聴取=小沢氏処分近く協議−陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部は、同会の会計責任者だった元公設第1秘書大久保隆規被告(48)を、18日午後に事情聴取する方針を固めた。元私設秘書池田光智被告(32)も、同日聴取する。小沢氏を「起訴相当」とした検察審査会の議決を受けた再捜査で、15日の小沢氏、17日の衆院議員石川知裕被告(36)に続く聴取。
 特捜部は4人の再聴取終了を受け、近く最高検など上級庁と協議し、小沢氏の刑事処分を決めるとみられる。供述内容に大きな変化がなければ、改めて不起訴とされる公算が大きい。
 関係者によると、大久保被告は起訴前の聴取で、石川、池田両被告による虚偽記載を了承したことは認めたが、小沢氏の関与は否定したとされる。一方、池田被告は2005年分の政治資金収支報告書の虚偽記載について「小沢氏に説明し、了承を受けた」と供述したとされる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

進退には触れず=民主・小林議員(時事通信)
【集う】「音禅」法要(4月24日、京都市北区の大徳寺)(産経新聞)
「マネとモダン・パリ」展10万人突破(読売新聞)
口蹄疫 農水相の自発的辞任要求 公明・井上氏(産経新聞)
猫虐待で25歳男書類送検=里親サイトで入手「うるさい」―愛知県警(時事通信)
posted by フカミ タケシ at 23:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。