2010年02月10日

【中医協】通院・在宅精神療法、病診で一本化へ(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月3日の総会で、病院と診療所で一部異なる点数が付いている「通院・在宅精神療法」を来年度の報酬改定で見直し、病診で加算を一本化した上で、「30分以上」の診療に対する加算を引き上げることで合意した。また、うつ病への治療に効果がある「認知療法・認知行動療法」への診療報酬上の評価を新設することも決まった。

 現行の通院・在宅精神療法では、初診日に精神保健指定医が通院精神療法を行った場合、1日につき500点を算定。これ以外の場合は、病院が30分以上360点、30分未満330点なのに対し、診療所では30分以上360点、30分未満350点で、短時間診療に対する病院への評価が低くなっている。次期改定では、初診日への評価を維持する一方、それ以外の加算について病診で統一し、長時間診療への評価を引き上げる。

 一方、新設される認知療法・認知行動療法は、▽気分障害の患者の治療計画を作成し、患者に対して詳細に説明▽30分を超える診療時間で算定可だが、16回が限度▽厚生労働科学研究班作成のマニュアルに準じる―の3点が算定要件となっている。

■「精神科デイ・ケア」など早期の地域移行を評価へ

 この日の総会では、「精神科ショートケア」「精神科デイ・ケア」「精神科ナイトケア」「精神科デイ・ナイトケア」「重度認知症患者デイ・ケア料」の5加算について、各療法の算定開始から1年以内は本体に点数を上乗せする要件を新たに設けることも決まった。現行の食事の提供に対する加算は、本体点数に包含される。「ショートケア」では現行の点数を維持する一方、他の4加算に関しては点数を引き上げる見通し。


【関連記事】
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意
【中医協】価格付けに「事実上、不関与」−遠藤会長が認識
【中医協】退院調整、手厚い体制への加算を新設
【中医協】診療所や介護事業所を含めたパスも評価へ
【中医協】有床診入院基本料を再編成

神戸発デザイン世界発信 研究拠点を創設 全国からクリエーター終結(産経新聞)
6法科大学院に改善要請 文科省 京大、東大は人数超過(産経新聞)
八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)
<さっぽろ雪まつり>大通公園など3会場で開幕 11日まで(毎日新聞)
5月に民主党訪米団、米国務次官補が要請(読売新聞)
posted by フカミ タケシ at 04:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

四国・九州の旅 「龍馬特需」狙い(産経新聞)

 ■近ツー「ゆかりの地」商品強化

 坂本龍馬を題材にしたコミックやNHKの大河ドラマ放映を追い風に、大手旅行会社の近畿日本ツーリスト(KNT!)が龍馬ゆかりの地を訪ねるといった関連する旅行商品を強化している。

 同社は、昨年秋に専用パッケージ旅行シリーズ「幕末のジャパニーズ・ヒーロー 竜馬の道 〜坂本龍馬ゆかりの地を訪ねる〜」を商品化。合わせて、龍馬が活動した四国や九州、京都を目的地とするパッケージ旅行商品の販売を積極化してきた。

 特に、専用パッケージ旅行商品では、龍馬を題材とする人気コミック「お〜い!竜馬」の作画を担当した小山ゆうさんの作品をイメージキャラクターに採用。パンフレットやポスターなどにも小山さんの作品を使用し、龍馬になじみの薄い若年層などにもアピールしてきた。

 ツアーには特典もある。例えば、四国方面を目的地とするツアーで、申し込んだ顧客に対して先着順で「かつおのたたきセット」をプレゼントするといった特典や、九州・京都方面のツアーを余裕をもって申し込んだ顧客に対する割引特典なども用意する。

 龍馬の誕生日が11月15日だったことにちなみ、15日を「龍馬の日」に設定。毎月15日に出発するツアーについては1人当たり500〜1000円の割引も実施。申し込んだ顧客の中から、毎月抽選で5人に新装版の「お〜い!竜馬」(原作・武田鉄矢、作画・小山ゆう)全12巻セットをプレゼントするキャンペーンも展開している。

 近畿日本ツーリストによると「龍馬を題材にした大河ドラマのスタートを機に、こうした商品に対する問い合わせや申し込みがぐっと増えてきた」(KNTブランド戦略室)という。ちなみに、今年1〜3月の首都圏発四国方面ツアーの販売人数は、前年の同じ時期を15%程度上回る好調だ。

 同社は今月以降も、龍馬関連の旅行商品を前面に、四国や九州方面の旅行販売を活性化したい考えだ。

【関連記事】
みんなの党「みんなで坂本龍馬です」に失笑
おじさん史観ではない女性誌的目線 「乙女の日本史」が話題に
“先輩”福山龍馬に続け! 次の大河ヒロインはアノ女優に
龍馬ブーム福山で過熱 4図書館がイベント
トラと龍馬の弁当を 阪神百貨店でうまいもんまつり

続投支持、参院選に全力を=小沢氏不起訴で閣僚が発言(時事通信)
さっぽろ雪まつり 3会場で5日開幕(毎日新聞)
「引退当然」「活躍励み」思い多様 朝青龍関引退(河北新報)
<朝青龍関>警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演(医療介護CBニュース)
posted by フカミ タケシ at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握−抽出の9割が違法・警察庁(時事通信)

 「シェア(Share)」や「ウィニー(Winny)」といったファイル共有ソフトを通じた違法ファイルのやりとりが横行する中、警察庁は4日、共有ソフトの利用者でつくるネットワークを常時調査するシステムを開発、運用を始めたと発表した。ネットワークに流通するファイルの実態把握を進め、一斉摘発など捜査へも活用する。
 ファイル共有ネットワークでは、共有ソフトの利用者同士がファイルを公開すると同時に、必要なファイルを自由にダウンロードできる。著作者の許可を得ていない音楽や動画、児童ポルノやわいせつ画像などの違法ファイルが数多く流通している。
 警察庁は昨年春以降、最も利用の多いシェアや、次に多いウィニーなど複数のネットワークの調査を段階的に開始。12月に、シェアで流通するファイルのうち100個を抽出したところ、9割以上が違法とみられるものだった。 

【私も言いたい】テーマ「紙の辞書か、電子辞書(検索)か」(産経新聞)
<多額窃盗>国内20〜30件関与か…香港で逮捕の爆窃団(毎日新聞)
<雑記帳>映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を−米科学アカデミー報告書(時事通信)
顧客ローン約8000万円を着服=銚子商工信組の元職員逮捕−千葉県警(時事通信)
posted by フカミ タケシ at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。